コラム

コラム · 2022/04/15
英検®2級の過去問2019年第3回長文問題で、以下のタイトルの ものがありました。 Adult Brains and Reading (大人の脳と読書) 英検®長文では、科学的内容のものがよく出題されます。 要約しますと「大人の脳は、元々考えられていたよりもずっと 柔軟性がある」ということです。 読書は脳に大変良いことの研究実験結果が、記載されていました。...
コラム · 2022/03/31
私が毎日読んでいるブログ「外から見る日本、見られる日本」で作者の カナダ・バンクーバー在住の社長ヒロさんが、日本の英語教育について 書かれた記事、下記URLを紹介します。 http://blog.livedoor.jp/fromvancouver/archives/52591194.html ヒロさんは、外におられるが故に、日本の問題点等を客観的に分析されて いつも大変参考になっております。...
コラム · 2022/03/11
当塾の生徒層ですが、中学生、高校生が多く、中に小学4年生、 社会人の方もいらっしゃいます。 昨年末、70歳代男性が入塾されました。 志望級は3級。 現在他の講師が担当しておりますが、聞けば、 「それはそれは大変熱心」 とのこと。 素晴らしいです。 そして先月。 80歳の女性が入塾されました。 準2級の二次試験を2度不合格、今回で最後のチャンス、...
コラム · 2022/01/30
久し振りのブログです。 ちょっとお付き合いを。 多くの生徒に授業をしていて気付く事。 共通点があるのですね。 それは、残念ながら、 「読みが日本語英語」 なのです。 日本語は抑揚があまり有りませんね。 しかし英語は、 ・アクセント ・イントネーション そして、 ・リズムの言語 なのですね。 生徒に言っております。...
コラム · 2021/09/15
「歩きスマホ」という言葉があります。 危険、迷惑なので気を付けて欲しい、という 負の印象が強い言葉です。 さて本日お伝えする「歩き英語」。 歩きながら英語を勉強することです。 ドイツのハイデルベルク大学に「哲学者の道」があります。 これの影響を受け、京都大学にも同様の道があります。 大学の哲学者は、歩きながら思索したのですね。...
コラム · 2021/08/18
「さあ、勉強しよう!」 「1時間は集中してやらねば!」 「でも、1時間だけでもキツいんだよな・・・」 そうお考えのあなた。 よく分かります。 どうすれば良いか。 発想を変えましょう。 1時間は60分、これを1コマとして勉強する。 これは、現代国語の長文問題、数学の問題に 取り組むことには向いているでしょう。 しかし。...
コラム · 2021/07/14
夏休みを利用して短期間集中で英検®授業を受けたいという希望者が 増えている今日この頃です。 実際に授業を行って感じる生徒の共通点。 それは、「日本語式英語」の読み方をする方がほとんどなのです。 例えば。 " I've had enough. " これを「アイヴ ハッド イナフ」と読むのですね。 実際にはどう聴こえるかといえば、 「アイヴ ハッ イナ」 と聴こえます。...
コラム · 2021/06/30
ドラゴン桜2021。 終わってしまいましたね。 随分楽しませていただきました。 最終回で私が感じたこと。それは、 「自分の道は自分で切り開け!」 親から良い大学へ行けと言われるから。 友達が大学に行くから俺も行こうかな。 みんな大学に進むから、じゃあ私も進もうかな。 これでは駄目なのですよね。 道、つまり目標を持たないと。...
コラム · 2021/06/10
6月6日放送の当番組。 楽しみにしていた英語カリスマ教師が出演しましたね。 演ずるは、関西のお笑い芸人のゆりやんレトリィバァでした。 前作は10数年前でしたでしょうか、英語カリスマ教師を鮮明に覚えて おります。 年齢は40歳台、日焼けした肌、長髪に黒のタンクトップ。 そして言っていましたね。 「英語はリズムだヨ!!!」 正にその通りでした。...
コラム · 2021/05/23
標題から、私が過去役所で嫌な目に遭ったからそういう記事を書いているのか、 と思われるかもしれませんが、それは逆。 日本でも欧州でも、役所で嫌な目に遭ったことはありません。 どちらでも、皆様親切に対応していただきました。 さて本題。 昨今のコロナ禍。 「クラスター」という言葉を聞かぬ日はありません。 なぜ「集団発生」と言わない?...

さらに表示する

プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright © 飯田オンライン英語塾 All Rights Reserved.